十日町カントリークラブ

理事長ご挨拶

GREETINGS FROM PRESIDENT

 会員の皆様方におかれましては、昨年はコロナ問題に振り回された一年間でありましたが、ご健勝にて新しい年を迎えられ御活躍の事と、お喜び申し上げます。
 昨年の春は積雪も少なくゴルフ場も4月早々にもオープン出来るのではと期待された方もおいでの事と私も同じ思いでした。しかしながらコロナ問題が全国的に徐々に多くなり非常事態宣言発動された頃より、5月に予定されていた関東倶楽部対抗予選会も早々に中止となり、順次数人のコンペから数百人のコンペ迄ことごとく予約のキャンセルが相次ぎ、一時は営業できるのかと心配されましたが営業自粛の項目から除外された事により、メンバーの皆様が少しずつ戻られゆっくりと営業が始まりました。
 クラブの取締役会 スタッフ始め各委員会の皆様方の発想の転換と実行、情報の収集力により予防対策をしっかりと取り年間スケジュールの大部分を実行終了させて頂きました。
 月例会は密を避ける為、終了後の表彰式は行わず結果をホームページ等でお知らせし入賞者には次回来場時に賞品をお渡ししました。
 又、5月からのゴルフ場主催のオープンコンペも当初よりハーフコンペ形式を取り入れプレー終了後お帰りの際順次賞品をお持ち帰り頂く等、三蜜を出来るだけ避けてコンペを開催させて頂きました。余談ですがハーフコンペは終了後の「待ち時間がなくて良かった」と云う好評の言葉を頂いたり。又、終了後「参加者の皆様と歓談が出来ないでさみしい」と云う方もいらっしゃいました。 月例・オープンコンペ共大勢の方から応援・御参加頂きまして有り難う御座いました。感謝申し上げます。
 尚、メンバーの皆様にはコロナ予防の関係で何かと御不便や御不満の点も多々あった事と存じますが事情御推察の上お許し頂きたいと思います。
 今年5月には昨年中止となった関東倶楽部対抗予選会が当クラブで行われます選手の皆様には地の利を生かし関東大会めざして御活躍の程を期待致します。
 昨一年間地主さん始め大勢の方から御協力頂き何とか越年する事が出来ました。今年度は一日も早くコロナウイルスの流行が治まり安心して楽しいゴルフが出来る事を期待して居ります。
 会員の皆様には引き続き、御支援御鞭撻の程お願い申し上げますと共に御健勝にて御活躍の程心よりお祈り申し上げます。